公益財団法人 日本腎臓財団
サイト内検索
文字の大きさ 小 中 大
ホーム 腎臓って何するところ? 財団のご案内 財団の事業活動 賛助会員 ご寄付のお願い 財団の情報公開

透析療法従事職員研修

平成21年度 集中講義受講者の声 平成21年度 実習・見学実習者の声 平成21年度 実習指定施設の声

実習・見学実習者の声〔( )内の期間は透析業務経験年数〕

血液透析の全般的な実施方法は所属先と同じであるものの、総合腎センターとして腎疾患に包括的に対応されていることが印象的だった。特にバスキュラーアクセスの作製、血管造影については自分がまだ出来ていないことであり、今後の課題としてこれから修練を重ねたい。

(医師 講義+実習+見学実習 3年3か月)

透析看護について、方向性やアプローチ方法が様々であることを知ることができた。他施設を見学することで、自施設の強み・弱みを知ったことが大きい学習成果だったように思う。

(看護師 講義+実習+見学実習 2年)

実習で習得した技術を磨き、常に自問自答し透析看護に活かしていきたい。アクセス管理を始め透析患者の看護や日常生活援助についても、今後、病棟スタッフに指導していこうと思う。

(准看護師 講義+実習 3ヶ月)

施設間の情報交換を行う事により、更に良質で効率的な医療を提供できる為、今回の実習は非常に有用なものとなった。

(臨床工学技士 講義+実習 2年3ヶ月)

 

ページトップへ