公益財団法人 日本腎臓財団
サイト内検索
文字の大きさ 小 中 大
ホーム 腎臓って何するところ? 財団のご案内 財団の事業活動 賛助会員 ご寄付のお願い 財団の情報公開

透析療法従事職員研修

平成21年度 集中講義受講者の声 平成21年度 実習・見学実習者の声 平成21年度 実習指定施設の声

実習・見学実習者の声〔( )内の期間は透析業務経験年数〕

経験の少ない腹膜透析患者さんの診察や腹膜チューブの挿入手術を見学させていただき、腹膜透析管理、治療適応について、良く学ぶことができた。また、腎臓内科での症例検討会での闊達な議論、最新の診療情報についての知見を学ぶことができ、とても勉強になった。

(医師 講義+実習 1年5ヶ月)

指導の様子も見学させていただいたが、透析認定看護師が患者さんの現在の生活の様子や、検査データを含めた身体の状態を把握した上で適切な指導をされており、自施設でも、もっと積極的に指導を行い、患者さん自身が自己管理できるようになっていただく必要があると感じた。

(看護師 講義+実習 3ヶ月)

自施設との違いが新たな学びとなり、とても参考となった。正しい技術や情報を提供できるよう多方面に目を向け、今後も学ぶ姿勢を常に持ち、患者さんにより良い看護を提供できるように働き続けていきたい。

(准看護師 講義+実習 5年)

今回の実習を通して患者さんとの会話を増やし、スタッフ間での情報共有を増やす必要があると感じた。また、今回の経験を生かし、患者さんへのアプローチを増やしていきたいと思う。

(臨床工学技士 講義+実習+見学実習 2年4ヶ月)

 

ページトップへ