公益財団法人 日本腎臓財団
サイト内検索
文字の大きさ 小 中 大
ホーム 腎臓って何するところ? 財団のご案内 財団の事業活動 賛助会員 ご寄付のお願い 財団の情報公開

透析療法従事職員研修

平成21年度 集中講義受講者の声 平成21年度 実習・見学実習者の声 平成21年度 実習指定施設の声

実習・見学実習者の声〔( )内の期間は透析業務経験年数〕

多数の慢性透析患者管理のトラブルを少なくするための対策が、日々の作業に組み込まれており、とても参考になった。自施設では、比較的重症患者が多いが、指示票の内容、フットチェック、シャントの評価などを取り入れていきたい。実習させていただき大変勉強になった。

(医師 講義+実習+見学実習 19年4ヶ月)

安全、安楽な透析を行うためには、患者さんとの信頼関係が重要であることを学んだ。今後は、他職種との連携を図り、専門的知識、技術をスタッフ間で共有し、自施設の透析医療に活かしていきたい。

(看護師 講義+実習+見学実習 3年3ヶ月)

今回、初めて血液透析導入する患者さんの導入時指導を行った。自施設では、導入教育が終わった患者さんが来られるため、病棟でどのような教育を受けるのかを学ぶことができた。今回学んだことは、自施設にて共有し、患者さんのためのチーム医療として実施していきたい。

(准看護師 講義+実習 3ヶ月)

他職種を交えての勉強会をとても熱心に開催されていたので、自施設でもそのような機会を設けるよう働きかけていきたい。また、今回の実習を参考にし、自施設の安全・感染対策の改善に努めていきたいと思う。

(臨床工学技士 講義+実習 5年3ヶ月)

 

ページトップへ