公益財団法人 日本腎臓財団
サイト内検索
文字の大きさ 小 中 大
ホーム 腎臓って何をするところ? 財団のご案内 財団の事業活動 賛助会員 ご寄付のお願い 財団の情報公開
ホーム腎臓って何をするところ?>腎臓の機能をチェックしてみましょう

腎臓の機能をチェックしてみましょう

慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の機能によって5段階のステージ(病期)に分けられます。血液検査のクレアチニン値と性別、年齢から推算するeGFR(推算糸球体ろ過量)で腎機能が確認できます。 eGFR(推算⽷球体ろ過量)早⾒表(男性)

eGFR(推算⽷球体ろ過量)早⾒表(男性) eGFR(推算⽷球体ろ過量)早⾒表(⼥性) eGFR(推算⽷球体ろ過量)早⾒表(⼥性)

慢性腎臓病(CKD)ステージの特徴

慢性腎臓病(CKD)は、その進行度によってステージ(病期)第1期から第5期の5段階に分けられ、そのステージに応じて診療計画が立てられます。
ステージ第1期(eGFR≧90) 腎障害はあるが働きは正常
ステージ第2期(eGFR60~89)軽い機能低下
ステージ第1期は、「腎障害はあるが腎臓の働きは正常の状態」、ステージ第2期は「軽度の機能障害がある状態」と考えられます。
この段階では回復の余地があることから、原因となる病気を調べ、治療することが大切です。糖尿病や高血圧・肥満の方は生活習慣の改善に努め、進行を予防しましょう。
ステージ第3期(eGFR30~59)半分程度の機能低下
ステージ第3期は、「腎臓の機能が半分近く低下している状態」と考えられ、むくみや夜間の多尿、疲れやすいといった自覚症状も現れ始めます。腎臓専門医への受診が勧められますが、まずは主治医とよく相談しましょう。
この段階では、原因となる病気の治療と食事療法を含めた生活習慣の改善に加え、各種薬物治療を行います。腎不全にならないためにここで治療をしっかり行い、病気の進行を食い止めましょう。
ステージ第4期(eGFR15~29)重度の機能低下
ステージ第4期は、「腎臓の機能が約30%未満にまで低下した状態」です。むくみ、高血圧や貧血などさまざまな症状が現れ、この段階になると腎機能の回復は難しいため、現状を維持し、透析導入を遅らせることを目標に、より厳しい食事療法や薬物治療が必要となります。
主治医もしくは腎臓専門医とよく相談し、適切な治療を受けましょう。
ステージ第5期(eGFR<15)腎不全
ステージ第5期は、「腎臓がほとんど機能していない末期腎不全の状態」と考えられ、透析療法や腎移植などの腎代替療法が必要になります。一度透析療法を始めると、多くは生涯にわたって続けていかなければなりません。腎臓専門医から、今後の治療について説明を受け、自分に合った治療法を選択しましょう。

 

ページトップへ